令和4年もダイレクトメールが継続される

新型コロナウイルス感染者の増加から「ダイレクトメール」を活用し、距離感を保った営業を実施する事業所が増えました。

年末から年開けにおける感染者の増加に伴い、年開けもダイレクトメールは継続される事業所が多くありそうです。

その中でもダイレクトメールの費用対効果を感じ取り、感染症にされずダイレクトメールの継続を決めた事業所もあるようです。

さらには、効果的なダイレクトメールを継続するために、毎月増減が反映される最新住所録データを望む声も多くなってきています。

そうです。

サブスクリプションでの住所録データの購入です。

他の住所録ファイルの販売を行っている事業所の1回分の購入価格より安価に購入出来るDMデータのサブスクリプション住所録データが最もお得に利用出来ると評価を得つつあります。

まだ始まったばかりで現在198業種のみでのご提供ですが、購入動向や皆様からのご意見等を参考に業種の拡大等を実施していく所存です。

是非、皆様の事業拡大、営業拡大、売上拡大にご利用下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です