介護関連事業者住所録データに注目が

一時は増加傾向にあった介護施設も、ここ数年は増減をくり返しています。

しかしある反面このコロナ禍で、将来的にやらなければならない事も見えてきているようで、施設の拡張や新たに建設する事業体も増えつつあるようです。

この時期にしっかりと準備する事で大きく社会に貢献できるという考えの基、新たなサービスの拡大も計画されているようです。

厳しい状況下での拡大策には頭が下がります。

きちんと感染症対策を今回しっかりと見極めることで新型コロナ感染症だけではなく、従来のインフルエンザ対策、未知の感染症発生時の対応をも今から準備をしておくと言うのです。

良く元の生活に早く戻りたいという声をよく耳にしますが、はたして新型コロナ感染症が発生した以前に戻ることは出来るのでしょうか?

まだまだ先が見えていないどころか、ワクチン接種後のブレイクスルー感染が目立ち始めています。(ワクチンを接種しても感染してしまう現象)

もともとワクチンの効果は100%ではありません。

例えばインフルエンザウイルスを見ても分かるように、ワクチンを接種したからと言ってインフルエンザにかからないと言う事はありません。ワクチンはひとつの予防と、重症化を少しでも減らす役割のものです。

感染症は流行が続くほど変異が起きると言われています。よって、この先もどんな変異株が発生するかも分かりませんし、現在のワクチンの効果もどの程度有効なのかも未知な部分はあります。

先に記載したワクチン接種後のブレイクスルー感染は、軽症の場合がほとんどです。これはワクチン接種により免疫を獲得しているからです。

こうした状況を踏まえての将来の介護施設のあり方はとても重要ですね。

個人的には、感染対策と同時に感染後の後遺症対策についても多くの研究者の知見を知りたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です