翻訳業に人気

2020東京オリンピックは勿論ですが、近年増加している海外からの旅行者へ日本の商品や会社などをよく知っていただくという目的で、現在使用しているパンフレットやカタログ等の翻訳依頼が多いそうです。

 

この傾向はしばらく続くのだと思います。

 

更に来年には通訳業の方も大忙しとなりそうです。

 

世界各国から、海外から日本にやってくるビジネスマンを取り込み商売につなげようと、こちらも年々仕事の依頼が増え続けているそうです。

 

最近ではそのことに目をつけた自動翻訳機なる携帯できる翻訳機が人気です。

 

はたしてネイティブな会話にどれくらい通用するのか興味がありますね。

 

こうした翻訳業の仕事増加は嬉しいのか、それとも日本人の語学力のアップを望むのか難しい所ですが、仕事が増えること自体は良いことです。

 

英会話の教材なども多く販売されていますが、それぞれの開発目的も違っているようですが、英会話力を身につけようとする側の性格や学習環境にも大きく左右されるようで、ひとりが成果を上げたからと言って、万民に同じ成果が得られるとは限りません。

 

今現在、英語力が無ければやむなく翻訳業を頼る結果となります。

 

今後の事を考えれば、私たち自身がバイリンガルになることが必須なのかも知れませんね。

 

現在「翻訳業」をされている方は、この機会にビジネスモデルを確立するチャンスが訪れているようです。

 

頑張って下さい。