地方発全国へが主流に

いろいろな環境が育ててくれた「地方発全国へ」ですが、その勢いはまだまだ続きそうです。

今までは、現地に行かないと購入できなかったものが、カタログやネット上で選ぶことで、手元に届くサービスが多くなりました。

もちろん有店舗、無店舗のどちらも含まれています。

 

時代とともに商売の形が変化してきています。

 

また反面逆戻りということもあります。

 

いずれにしても「商売はこうあるべきだ」という定義が難しくなってきていることは確かですね。

 

その時々にあった商売方法をしないと、勝ち残れない時代です。

 

私たちが提案するその方法は

 

まず、ダイレクトメールで会社名、商品を知っていただくことから始まり、ご購入はネットで、定期的な案内はダイレクトメールで。

 

ホームページを持っているなら、ネット購入を待てばよいのでは?

と思いがちですが、そうそう運良く検索してヒットすることは難しいものがあります。

ネット広告を使えば?

これも、クリックしなければ費用が発生しないので安価に集客できるように思えますが、費用対効果を見るとなかなかその効果は得られていないようです。

クリックして、通り過ぎてしまう方が多いと言うことです。

その理由は、クリックして目に飛び込んでくるホームページの色合いだった、情報だったりで左右されているようです。

つまり、誘導後のホームページの状況にも大きく左右されてしまい、購入までには至らないと言うことです。

 

それでは、メールで案内すれば?

皆さんご自身を考えてください。

知らないところからDMメールが来たら、開いて見ていますか?

多くの方は、ゴミ箱行きか、迷惑メールフォルダ行きとなっていませんか?

メールだと目に触れず削除されてしまう確率が高いのです。

いくら費用をかけずにできると言っても、メール作成、メール送信の人件費は無駄になってしまいます。

 

FAXメールというのもありますが、FAXには送信料もかかりますが、こちらも見られることなくゴミ箱行きが多いようです。

用紙切れや用紙詰まりなど起こしていた場合はクレームにもなりかねません。

 

やはり、ダイレクトメールできちんと会社名と商品を知っていただくことから始めるのが一番の効果があるようです。

宛先が指定されていることは重要なことです。

この辺が一般のポスティングと違うところでもあります。

 

宛先が指定されていることで開封率が高いと言うことです。

ということは、見てもらえているということです。

 

これが費用対効果をあげている最大の理由です。

 

商品案内、カタログ等を発送しても、実際の問い合わせやご購入は、余計な手間暇を省ける、メールやWeb注文を活用するとさらにその購買力はアップしています。

 

つまり、アナログなダイレクトメールとデジタルなWeb、そしてアナログな配送を組み合わせることで、顧客満足度の高いサービスを提供することができているようです。

この結果が、「地方発全国へ」の原点になっているようです。

 

日本のどこからでも、全国へ挨拶状やカタログは送れて、それを見たお客様はメールでの問い合わせ、Webでの注文ができれば、自分のあいている時間で見て、問い合わせて、注文ができるということになります。

 

実際に店舗に出向かなくてもよいと言うことは、購入先が実店舗があろうとなかろうと重要ではないということになります。

 

よく、実店舗があった方が信頼度が増すと言いますが、今の時代そこまで考えている人は多くはなさそうです。

 

大手企業でも倒産する時代、実店舗を所有しないことで経費が抑えられ、商品価格を下げて販売も可能になり、少人数で最大のサービスの提供ができると言うことをお客様はすでに理解していると言うことになります。

 

業種によって違いはあるものの、大きくは外れてはいないようです。

 

皆さんも、「田舎からだれも商品を購入してくれないよ」と決めつけないで、今が、田舎発全国が実現できるチャンスが来ていると思います。

また、それで成功者が続々出てきています。

 

さぁ、今年こそ「カタログ送付、ネット注文、全国配送」を実現してみませんか。

 

成功を祈っています。