コンビニ業界どうなっている

昨年はファミリーマートとサークルKサンクスとの合併が実現し、打倒セブンイレブンを目指しローソンとしのぎを削ってきたファミリーマートは一気に抜け出そうとしています。

そんな状況下、セブン&アイグループのオムニ7やファミリーマートのはこBOONという物流拠点としてのコンビニの役目が注目されています。

たとえばオムニ7のように、セブン&アイグループの店舗、ネット通販、物流網を使って、グループで販売する商品を消費者に届けるサービスですが、配達するだけではなく、セブンイレブンを始めとしてグループ店舗で受け取れるという基本サービスが売りとなっています。

皆さんも利用されたことがあるかもしれませんが、Amazonや楽天で購入して商品の受け取りや返品、返金などの受付も行っています。つまり、全国のセブンイレブンがAmazonや楽天の支店的な役割までやっているのです。

もう、コンビニではなくなってきているような気がしますね。

同様に、はこBOON miniは、ファミリーマートの店舗で物品の発送・受取ができるサービスです。これはYahoo!JAPANのヤフオクの利用からスタートしていて、個人間で発送・受取ができるサービスです。

と言うように、これからのコンビニはネットと融合した顧客サービスが鍵を握っています。

まだまだ、いろんが業種の参入や利用がありそうな気がします。

目が離せないコンビニ業界です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です