どうして毎日更新?

いつもご利用ありがとうございます。

 

先日、お便りをいただいた中に「どうして毎日住所録の更新をしているのですか?仮に、特別注文で住所録作成をお願いしても、通常更新されている住所録に+2,000円で作成してもらえるのに、買う側からすると全然問題無く、他業者から見るととても安いです。」という内容でした。

 

ありがとうございます。

嬉しい便りです。

 

私たちは、余計な手間暇を掛けずに、欲しいときに直ぐに手に入る住所録を目指しています。

 

と同時に、最新のデータを、よりやすくも目指しています。

 

これは、もし自分が住所録を購入するとしてどんな住所録が良いか、誰から購入するかを考えました。

 

勿論自分たちが住所録を購入する立場から、住所録って高いね。住所録って手に入れるまで面倒だし、日数がかかるね。と言う思いをしたことがあるから出てきた発想です。

 

確かに、注文をいただいてから作成というのも考えましたし、現在でも「特別注文」として、用意できない業種には対応しております。

 

依頼があってからと言う事になると、常に誰かが注文を受け、住所録のデータ収集を行い。整理加工をして住所録を作成しなければなりません。

 

前もって作成しておけば、欲しいときに直ぐに購入し、手に入れていただけます。

 

私たちも、自分足しの都合の良い時間に住所録作成が出来るために計画的な更新ができます。

ただ、最新のデータということで無ければならないので、いろいろと件数に対する経過日数での住所録の劣化、つまり一定の期間で何件の追加があって、何件の削除が発生するかを調査しました。

 

その結果が、現在ご用意している件数上位200件まで、約8,500件前後が月1回の更新で最低限の無駄を抑えてダイレクトメールを実施していただけるだろうと判断しました。

日々変化する住所録件数は、いつ作成するかも、最適な日というのはありません。

 

どう言うことかと言うと、その情報がいつ掲載されたのか?本当に今日アップされたのか、本当に今日削除されたのか?が曖昧な部分も結構あります。

 

よって、私たちは半月の範囲での誤差を考慮しています。

 

この誤差は、どんなに最新の住所録をご提供しますよと言っている業者でも同じ事です。

 

私たちが行っている毎日更新は、そういう意味では無駄な事も含まれているのですが、計画的に、最新のデータを届ける事を考えると、費用の面に関しても最適と考えております。

 

勿論、他業者のように、都度注文をいただき、作成費用として固定費で20,000円前後、1件当たり5円程度の価格が得られるなら、そして数日の猶予を得られるならそちらを選びますが、そうすると住所録を使う身になると、割高、ダイレクトメールでの費用が加算でしまいます。

 

という事と日々闘っています。

 

まとまりの無い話になりましたら、私たちの考える最良の住所録の形と考えております。

 

また、いろんなご意見下さいね。

 

お待ちしております。

 

皆様にご意見には感謝申し上げます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です